好きな物

カメラ初心者が一眼レフ買ってみた〜SONY a6500について〜

こんにちは!!

今回、カメラ初心者が1眼レフを買ったのでそれについて書いていこうと思います。

携帯カメラで十分という人もいると思います。私のそのタイプでしたが今回買うことになりました。

初心者が買うとこういう感じになるよ・・・。というのをレビューしていきます。(初心者なので間違っていることもあると思います。)

 

一眼レフカメラを買おうと思った経緯

はい。まずこれですね。

 

これは私のスマホ(iPhone)が古くなったことから始まりました。iPhoneの充電の減りが早くなってきたので、どうしようかと考えていました。

2年以上経っていたので新しい物に買えてもいいなぁと感じていました。

最新のiPhoneはカメラの機能もいいみたいだし、綺麗に撮れると聞いていたのでそれもいいかぁと思っていました。

 

しかし、最新の機種は10万以上するではありませんか!!

「いやいや、高すぎでしょ・・・。」

私が使う機能としては、まぁ電話、メール、LINE、メモ帳くらいのものでしょうか・・・。そしてカメラ機能・・・。

 

新しく変えたとしてもカメラ機能と画面の綺麗さくらいしか私にとってメリットはないなと・・・。(詳しい人ならもっと機能を使いこなせるだろうけど)

 

しかも、その時バッテリー交換のみを安くできることを聞いて更に買うことをためらってしまいました。そしてこう思ったのです。

「これなら安くバッテリー交換して、そのお金で1眼レフカメラ買えるじゃん」

と、ここから1眼レフを買うことに興味が沸いてきました。

デジカメと1眼レフの違い・・・とスマホ

一時期はデジカメを持っている人も多かったように思います(持ち歩きに関して)

少し前まではスマホの画像もそんなに綺麗ではなかったので・・・。

今はスマホがあればデジカメは要らないと言う人も多いみたいですが・・・。

 

まぁ、少し私なりに調べてみるとカメラの機能はセンサーに大きく依存していることが分かりました。カメラにはセンサーなるものがあってそのセンサーが大きいほど鮮明に綺麗に撮ることができるのだと・・・。(もっと詳しく見たけど割愛します)

出典:http://c-camera.com/camera/page236.html

 

 

こうしてみるとスマホのセンサーは少なくとも高級なデジカメや1眼レフにはかなわないことが分かります。

まぁ考えてみるとそりゃそうだ・・・。カメラは撮ることに特化しているのだからスマホに負けると全く意味ないですからね・・・。

 

デジカメと1眼レフの大きな違いはレンズ交換ができるかどうかでした。デジカメはレンズ交換ができないのですが、まぁまぁ近くも遠くも撮れます。

1眼レフはいろいろなレンズがあり、距離だけでなく夜景や人物をいった場面によって変えられるといった利点があります。

しかし、デジカメと違って大きさも大きいですし、高価なレンズを買う必要がでてきます。

う~ん。

・1眼レフを買う決め手になったこと

1眼レフを買うきっかけとなったことはまず子供が生まれたことが大きかったと思います。

綺麗な画像で、いつまでも思い出を残しておきたいと思ったからです。

ありきたりなことかもしれませんが、スマホを変える時に画像を別に保存したりする人は少ないのではないでしょうか?

また、子供も勿論ですが、撮る喜びがでてくると思ったからです。私は食べ歩きや、旅行も好きですし、経年変化を見ていくのも好きなのでそれを撮るのにもいいかなと・・・。

デジカメではなく1眼レフにしようと思った理由はレンズも含めていろいろなカスタマイズみたいなことができるので楽しみの幅が広がりそうだからです。

こうして、私は1眼レフに惹かれ始めていきました。

1眼レフはどれにしようかな・・・。

次に、1眼レフはどの機種にしようかなぁ・・・と。

まずはセンサーの大きさから・・・。

まず先にも書きましたがレンズが大きいほど、綺麗な画像が撮れる(一概にはそれだけではないが)。

大きい順に 35mm(フルレンズ)>APS-C>フォーサーズ>1型>・・・となっていました。

 

なら35mm(フルレンズ)センサーがついてるものを買えば間違えないね!!と単純に思っていました。

パラパラと調べてみて分かりました。なぜ小さいセンサーのものが売っているのかと・・・。

 

いや、単純に高いんです!!

センサーは高価なものみたいでカメラ本体の値段もさることながら、レンズも35mm専用とレンズを使うことになるのでかなりお金がかかります。(いずれは買いたい!!)

しかもちょっと大きい・・・。←これはまぁいいけど・・・。

でもせっかくだから、スマホのカメラを凌駕するようなすぐ見て分かるような画像がいいと思っていた私はセンサーサイズはフルでもなくフォーサーズでもなく、APS-Cのサイズにすることに決めました。

気になった機種

後は見た目とか、その他の機能、値段といったことになります。

最初は、やっぱり初心者に優しいと大々的に謳われているCannonのKissシリーズでした。

 

Kiss X9

 

値段もかなり抑えられていて、ママにも撮りやすいと書いていました。

「ほほ~。安いしなかなかいいなぁと・・・。」

説明も分かりやすく書いてあり、なかなか上手く惹き込むように書いてあるなぁと企業のうまさに感心しました(笑)

しかし、なぜかその見た目に惹かれることが私個人的にはありませんでした。また、初心者の人が多くこのカメラを持っていることを知り(周りにも)ちょっと候補から遠のいてしましました。

値段的、機能的には本当にいいカメラだと思いますし、私のように変わった性格をしてなければ買う価値はあると思います。

私はなぜか、初心者のくせに少し背伸びをしてみたい、ちょっと人と違ったものが買いたいという厄介な人物なのです(笑)。

そしていろいろと探している時に私にヒットするカメラが見つかりました。

 

SONY aシリーズ

いろいろと調べて、実際のものを見たいと思い店頭に行くとSONYのa6300が売っていました。しかも、目玉商品で安くなっていました。

 

a6500

 

私はこのシンプルで四角いボディとマグネシウム合金の色合いにすぐに目を奪われました。

 

値段はCannonのkissシリーズよりも少し高かったのですが値引きも大きいこともあり、心が揺らぎました。

 

その他も回ったのですが、やっぱりこれがいいなぁと・・・。SONY商品はウォークマン、TVを始め使っていることも多かったということもあります。

 

値引きの理由はa6500という機種がでるからということでした。(ちなみにa6500はミラーレス1眼なので1眼レフになるかといったらちょっと違うかもしれませんが・・・。)

 

a6300とa6500ではかなり価格に違いがあるみたいでした。パッと見は変わらないんですけどね・・・。

a6500にした理由

まぁ新しいということもあったのですが、ボディに手ぶれ補正がついてあることやタッチパネルがついてあることが大きかったです。(タッチパネルの良さはまだ使いこなせていないのですが)

また4K動画(これもまだ使っていないのですが)を撮れるということもあり、この機種にしようと思いました。

結構な値段がしましたが、大きさ、フォルム共に満足のいく買い物ができてよかったと思っています。

レンズは18mm~135mm、F3.5~F5.6といったズーム式の標準的なものを買いました。

いきなり単焦点レンズ(ズームができないもの)を買うわけにはいきませんから・・・。

 

現在はめちゃくちゃ単焦点レンズがほしいけど・・・・。

 

実際に使ってみた感想

実際、初心者がa6500を使って見てどうか・・・?

 

やっぱり綺麗だし、ボケ感もでます。手ぶれもそんなに感じたことはありません。

今はスマホに簡単に転送できるので、撮った写真は転送していますが、スマホの解像度もよくなってきているので妻も綺麗だといっています。

しかし、カメラは思ったよりも難しく、F値の設定やAF、解像度や画素数のことをいろいろ勉強しなければなりません。

いや、勉強しなければ楽しくありません。

私には少しハイスペックな機種だったかもしれませんし、このカメラ自体も少し機能的には割高感は否めません。

まだまだ、勉強不足でレビューなんて偉そうなことは言えませんがこれからガンガン使って練習してすべての機能を使いこなすくらいで遊んでみようと思います。

 

ABOUT ME
アバター
斜人
180cm52kgから筋トレ開始。 なぜかボディビルに入会してしまう・・・。 数年後ベンチプレス100kg達成!! 筋トレ、食べ歩き、旅行、経年変化など多趣味です。 のんびりと書いていきます。 もしコメント等あればTwitterへどうぞ