トレーニング

超ガリガリ【180cm52kg】な男が筋トレボディビルジムへ行ったらこうなる!!ガリガリの筋トレ記録!

こんにちは、斜人です。

体が細くてコンプレックスの男の人は多いんではないでしょうか?

私もその一人でした。でも、体が細いコンプレックスは大丈夫です!

なぜなら必ず克服できるものだから!私もずーっと体が細いことに嫌気を感じてきました。

その私が今では職場の人から「いい体してるなー」とか、服を買いに行っても「何かスポーツはされてるんですか?」と聞かれることも多くなりました。

この記事を見ている人は体が細いという悩みやコンプレックスを持っている人でしょう。

二度目になりますが、大丈夫です(笑)。

私のトレーニング論を良かったら読んでみてください。

精神論というか気持ち、メンタルの部分が大きいですが、それが一番大事なことだと思うので!

 

・私は本当にガリガリだった

始めに私は本当にガリガリでした。小学生くらいの時はまだ目立っていませんでした。

周りも痩せている子が多かったので。

中学生くらいで身長が一気に伸びたこともあり痩せ具合が目立つようになってきました。

部活もして、ご飯も沢山食べていたつもりなのですが、一向に太らず身長だけが伸びていました。

高校生にもなると更に目立つようになりました。1番痩せていた時で身長180cmに対して体重は52kgぐらいしかありませんでした。

これ本当に痩せすぎですよね!!

体育の時間に着替える時も「骨がすげーな。痩せすぎじゃね?」と言われることもありました。

周りはそんなに悪気がなくても私の心にはかなり深く刺さりました。

なぜ、俺は太らないんだろう?こんなにも腕が細いんだろう?脚が細いんだろう?

夏の薄着のシーズンが大嫌いで、プールも嫌いでした。

痩せた体型を気にして、自信がないせいか猫背にもなっていたと思います。

そんなこんなで高校生を卒業するまではガリガリの体型でした。

私は180cm52kgですっごいガリガリでした!!ってこと

 

・社会人になっても

社会人になり地元を離れることになりました。

新人研修が2ヶ月ほどあり、研修施設で寝泊まりしながらの生活でした。

そして、またあの言葉が。

それは風呂にみんなで入る時でした。服を脱ぐと「痩せてるなー」と同期入社の人に言われました。

彼は柔道をしていたらしく、とてもガッチリとしていました。

私は「食べても太らないからなー」と笑いながら返したのですがやはりショックでした。

やっぱり私は痩せている中でも痩せているんだなと。

女子にも「その脚は羨ましい」と言われるほどでした。

痩せてる偏差値で言えば70くらいでしょうか笑。

当時Kー1が全盛期ということもあり、格闘技が、好きだった私は選手の体を羨ましがっていました。

それとともに、筋トレをしてみようかなぁと思ってきました。

皆が痩せすぎっていうから、筋トレをしようと思ったの・・・。

 

・筋トレとの出会い

仕事にも慣れてきて、筋トレを始めようと思い立ちジムに通おうと思いました。

市民体育館等でもトレーニングをできることも知らず、ジムに通うしかないと思っていました。(この選択がとても良かった)

また、スマホは当時はなく情報量も少なかったのです。

色々調べた結果、1つのジムが見つかります。

しかし、そこはボディビルジムだったのです。

「ボディビルはやべーだろー」「マッチョにバカにされるわー」と萎縮してしまい、結局電話を掛けないまま1ヶ月ほど経っていました。

今考えると時間の無駄ですね!

やっとのことで勇気を出して電話すると、受付のおばさんが出て体験トレーニングOKとのことで早速行ってみることにしました。

なぜかボディビルのジムに見学トレーニングにいったよ・・・

 

・ウェイトトレーニングの始まり

始めに言っておくとこのジムに通ったのは一年もないくらいです。

しかし、この一年のトレーニングは今考えてみると計り知れないほどの体験でした。

私が電話して早速ジムに行くとそこは小さなジムでした。

ドアを開けて入ると、パソコンの前に女の人が座っていました。

「あ、受付の人だな」と思い声をかけるととても優しく対応してくれました。

しかし、次の瞬間にびっくりすることに。

「会長ー!」

とムキムキのお兄さんが呼んでいます。

呼んだ先には私と女の人しかいません。

そう。この女の人はこのジムの会長だったのです!

私はびっくりすると同時に、「大丈夫かなぁ。マッチョになれるかなぁ」と心配しました。

当時私は知らなかったのですがこの方は女性ボディビルダーのパイオニア的存在の人でした。

壁に会長の昔の写真が飾ってあったのですが、すごい体をしていました。

準備体操を一通り終え、一通りの基本のトレーニングをしました。

軽くしたつもりでしたが、次の日は身体中が痛く起きるのがきつかったことを覚えています。

始めの方はトレーニングをすると次の日に遅刻してしまうことがあるみたいで、気をつけて!と会長から言われていました。(体が疲れてるからかなぁ?)

会長も優しいし、会員の人もいい人達みたいなので入会することにしました。

もっと、いかつい人達で喧嘩自慢の人が多いのかと思ったらそうでもありませんでした。

ラグビーの補助としてトレーニングしている人や、自転車が趣味の人、おじさんのダイエットなど様々でした。

こうしてトレーニングの入り口に立った私でした。

女会長がいるボディビルのジムに入会したよ・・・!

 

・本格的に始動!

ジムに通うことになって、いろいろな光景に驚かされることが多かったです。

ダンベルカールでも相当な高重量で私なら持ち上げることすら不可能な重量を声を上げてしていました。

その迫力たるや凄かったです。

上がらなくなっても、会長が補助についてさらに筋肉を追い込むという過酷な光景は凄まじかったです。

それと同時に私もやる気がみなぎり、気が引き締まる思いでした!

当時はベンチプレス40kgを声を上げて頑張っていました。(補助付きで)

今考えると、周りからみるとかなり情けないかも知れませんが、笑う人はいませんでした。

それどころか、「頑張ってるな!絶対大きくなれるよ」と励ましの声ももらいました。

とても嬉しかったです。

ますますやる気が出てきました!!

3ヶ月くらいたった時に、少し筋肉がついたかなーと自分でわかるくらいでした。(周りにはわからない)

仲の良かった柔道の同期入社の奴に「筋肉ついただろ?」と何回も聞いていました。

あんまち聞くので性格が穏やかな同期もうんざり気味でした(笑)。

もう分かったよって!そんなに1日置きに聞かれても分かんね~よって!

まぁ少しずつですが筋肉がついてきていました。

それと同時にトレーニング方法や、フォームがかなりしっかりしてきました。

このジムを辞めた後、自分でトレーニングをするのですが、このジムに通ったおかげで基礎がしっかりできていたので、本当に感謝です。

ジムに通う最大のメリットはここにあったと思っています。

筋トレを始めようと思っている人は、公共ジムもいいですが個人のジムにいって教えてもらった方がいいと思います。

ボディビルジムで筋トレの基礎ができたよ!!

 

・トレーニングにハマる

転職に伴いジムを辞めざるを得なくなりました。

一年もしないくらいで、体の変化としてはまだ、周りから見ると痩せていました。

仕事が忙しいということもあり、なかなかジムに行けない日もありましたから。

それから、転職したのですがそこのロッカーで着替えている時にも、またまたあのフレーズが。

「お前痩せてるなー。青白いし大丈夫か?」と。

その人は私よりかなり先輩の人でした。その人は柔道出身でした。(なぜか私の周りは柔道出身な人が多い)

その他でも、痩せていると言われることが多かったです。

ジムで筋トレをしていたのに。自分では少し筋肉がついたと思ったのに。

やっぱり、自分は筋肉がつきにくいし太らないんだなー。

そんな時に、また私を筋トレに走らせたのは身近なの存在でした。

私の父も体が細く、それが嫌だったみたいです。それから、トレーニングを始めたと。

確かに私の父は腕もがっちりしていました。トレーニング内容も聞くと凄かったです。

元々凝り性な父ですが、オーバーワーク(トレーニングのしすぎ)なくらいしてたらしいてす。

それを聞いて私もまた、やる気がみなぎってきました!

早速、次の日から市の体育館でトレーニングをすることにしました!

市の体育館ですが、設備は揃っており体格の良い人も多かったです。

そこは、教えてくれる人はおらず、みんな個人でトレーニングをしていました。

そこで前のジムで教えてもらったトレーニング方法をまた始めました。

基礎があって本当に良かった。

また、この時から筋トレの本を読んだりネットを見たりして食事が大事ということも知りました。

それからは、職場にもカロリーメイトや間食できるものを持ち込み食べていました。

先輩からは「いつも、もぐもぐしてるなぁ」とまで言われていました。

この頃から、体重も一気に増え始めトレーニング重量も上がってきました。

トレーニングを始めて一年半くらいで体重は52kg→66kgくらいまで増えていました。

この頃はトレーニングが楽しくて、ほぼ毎日行っていたと思います

筋肉痛だろうが何だろうがいける日はジム!!と決めていました。

途中怪我や、重量の伸び悩みがあったものの少しずつ体は大きくなってきました。

服のサイズも小さくなり、買い替えなければならず嬉しい反面、お財布にも厳しい状況となっていました。

同じ会社の先ほど話した柔道出身の人とトレーニングをすることもあったのですが、もう私の方が重量があがるようになっていました。

柔道出身の人も「すごいな・・・。」と私に言ってくるようになりました。

筋トレにのめり込んだよ!細くなくなってきたよ!!

”ベンチプレス100kg”が挙がらない!?才能がなくても挙がります!!方法やメニューなどを徹底紹介!!

 

・そしてベンチプレスも100kgを達成&さらに体は大きくなった

また、近くに個人経営のジムを探すようになりました。

市の体育館のジムも良かったのですが、ベンチプレス台を何時間も占領したりする人がいたりといろいろな理由があって・・・。

またしても、個人の小さなボディビルジムに入会することにしました。

最新のトレーニング機器はなくフリーウェイトがほとんどでした。

まぁなんといっても驚いたのが、空調設備がないことですね!!

夏はあまりの熱さにゴキブリも死ぬくらいです(干からびて)

そこのジムは、前のジムと違っていかつい人がとても多く、この小さなジムにこんなにもレベルの高い人が沢山いるのかと驚きました。

その頃私はベンチプレス100Kgを挙げられるようになっていました。

ベンチプレス100kgをできる私は傍から見たらすごいかも知れませんが、他の人はウォーミングアップで挙げていました。

スクワットは200kg近くあげる人もいて本当に化け物だと思いました。

一緒にトレーニングをしたことがあるのですが、あまりのきつさに吐き気が凄かったです(笑)。

ベンチプレス100Kg達成!更に大きくなったよ!

・ガリガリから脱却できた!!

こうして私は、順調に体重も更に増えガリガリから脱却することができました。

期間としては3年程度でしょうか?体つきがいいと言われ始めたのは2年くらいかな?

ちょっと長々と書いてしまいましたが、こんな私でも筋肉がついたのですからきっとこの記事を読んでくださった方も筋肉がつくと思います。

精神論みたいなことも多いですが1番大事なのはやる気ってことですから!!

筋肉は簡単にはついてきません!!

しかし、だからこそ価値があるものと思っています。すぐについてしまったら町中にマッチョが溢れかえるでしょう・・・(笑)。

よくこれを飲めば筋肉がつく!!だとかプロテインの何十倍の効果!!短期間でバキバキなんて言葉に騙されてはいけませんよ!!

ガリガリから脱出したよ!筋肉は本当に価値あるよ!!

・まとめ

①ジムに通おう!!・・・自宅筋トレや自己流ではなかなか筋肉はつきにくい。勇気をだしてジムに通おう

②食事(栄養)を大事に・・・プロテインを含めまずは食べる回数と量を増やそう。体重が増えないと筋肉もつかない

③根性が大事・・・これが1番大事!!きついけど継続すれば必ず体はよくなります

私が細かったので本当に細い人の気持ちは分かります。細かったからこそ、この記事を書くことができたと思います。

筋トレをするメリットややる気が出る本もあるので良かったら読んで見て下さい。

かなり面白いです。

私自身は筋トレをしてから読んだのですが、筋トレを始めようと思う人にオススメだと思います。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

さぁトレーニングをしようと思ったあなた!!早速近いうちに行動しましょう!!素晴らしいいトレーニングLIFEがあなたを待っているはずです!!

それではこのへんでさようなら!!







 

 

ABOUT ME
アバター
斜人
180cm52kgから筋トレ開始。 なぜかボディビルに入会してしまう・・・。 数年後ベンチプレス100kg達成!! 筋トレ、食べ歩き、旅行、経年変化など多趣味です。 のんびりと書いていきます。 もしコメント等あればTwitterへどうぞ