アウトドア

ハイゼットカーゴを完全フラット化!フロアマットを”桜の木”で作成してみた。

こんにちは!!

はやと”です。

軽バンがずっと欲しかった私はついに”ハイゼットカーゴ“を購入することが出来ました。荷物もたくさん積めるし少し走行中の音が気になるけど、なんか小さいトラックを運転しているみたいで気に入っていました。

内装もレトロな感じで昭和な私にとってはたまらないです。

そして最近キャンプやアウトドアにハマってしまい、色々な動画を見ているうちにフロアマットを作りたいなぁ思うようになりました。

軽バンを持っている人なら結構な人が考えるのではないでしょうか!?

その夢はどんどん膨らんで今回ついに作ってしまいました。

その工程を書いているので興味のある人は是非読んで見て下さい。

まずシートを外して型取りをする

ハイゼットカーゴ

まず後部座席と荷台についているシートを段ボールに型取りします。

後部座席とシートと荷台のシートは一体物となっており、意外に簡単にはがすことが出来ました。

上の画像のようにダンボールを貼り合わせてその上からカッターで切り取っていくだけです。

取り外しが出来るように前と後ろで2つに分けて作ることにしました。

段ボールって種類があってそこらへんの段ボールを適当に使ってみたのですが、カッターで切る時の硬さが全然違いました。

シートを丸ごと写すと少しはみでてしまうので実際に車に置きながら微調整を繰り返します。

最終的に出来たものがこれです。

この微調整が1番時間がかかるのですが、大事な工程なので慎重に進めます。

後部座席に微妙な凹凸があるのですが、最終的にフロアマットの下に根太のようなものを入れればいいので凹凸は気にせず作っていきます。

この段ボールの形が出来れば後は結構スムーズにことは進むと思います。

それをべニア板に型取りしていく

段ボールの形をべニアに移していきます。合板で12mmのものを購入しました。

その後は、ジグソーで切っていきます。

ジグソー

私自身、今回始めてジグソーを購入して使ってみたのですが、マキタはさすがに使いやすくスムーズに作業することが出来ました。

刃も最初から付属している1本でなんなく作業することが出来ました。

このジグソーが本当に役に立ちます。これがあればDIYや日曜大工がはかどること間違いないですね。

最近買ってよかったものの一つです。

ただ、騒音が結構あるため(木材を切るのだからあたり前なのだが)昼でないと作業は出来ないなぁ~と言う感じです。

段ボール通り切ったつもりでも意外に入らなかったりして、そこは紙やすりで少しづつ削って調整していきました。

合板(べニア板)の上に桜の木のフローリングを貼っていく

次はこの合板の上に桜の木を貼っていくことにしました。合板の上にフローリングシートを貼っている人はよくみかけますが、やっぱり本物の木のほうがかっこいいと思い今回購入しました。

たまたま安売りをしており1万程度で購入することが出来ました。

本物の木で作れば質感も違いますし、使っているうちに味が出てきて経年変化も楽しめるでしょう!

べニアで出来たフロアを桜の木に型取りしてまたジグソーで切っていきます。

ゴリラボンド

それを合板の上に貼っていくのですが、普通なら釘で上から打ち込むと思いますが、私は釘が見えるのがちょっと嫌だったで強力なボンドで貼っていくことにしました。

このゴリラの絵が書いてるボンドを使ってみたのですが、本当に強力でした。

そしてこのように完成することが出来ました。

ハイゼットカーゴフロアマット

その後、未晒し蜜ロウワックスを塗っていきました。

完成はこのようになってます。

上から置いているだけなのですぐに取り外すことが出来ます。

実際にこのやり方でどうだったか

ハイゼットカーゴフロアマット

この方法で作ってみましたが、実際のメリットとデメリットを書いていきます。

メリットは何といっても桜の木の重厚感と質感があってとてもカッコいいです。

厚みも合板の12mm桜の木の15mmで合わせて27mmもあるので座ったり、寝転んだ時にも安定感があります。

厚みのあるので断熱性もあるだろうと思い、今回は断熱材を貼りませんでした。

デメリットは非常に重いことです。

先ほども書いたのですが、非常に重たいです。フロアマット2つで30kg近くあります。

なので取り外すことは簡単と書きましたが結構な腕力が必要です。

私自身は体も大きいですし、一般の人よりはまぁまぁ力が強いので取り外すことは出来ますがそれでも億劫です。

重たいので持った時にふらついて車にぶつけてしまう可能性もあります。

しかし、今回日曜大工などほとんどしない私がこうやってフロアマットを作れて非常に達成感がありました。

とても満足しています。

よく高さのあるベットを作ってベットの下に荷物、上に寝て車中泊のような人もいますが、私の場合はこの軽バンの高さも気にいっているのであえてフロアマットは床に置く形にしました。

ほとんどソロで活動するので荷物を置いている状態でも、寝袋を置けば寝れるなと・・・。

また、床全体がフラットになったことで荷物を沢山置けるようになりました。まぁ床置きなので高さのデッドスペースは出来てしまいますが・・・。

ソロなので荷物が中途半端に積むと運転中に荷物が左右上下に動くのもなんとかしたい・・・。

このフロアマットを貼ってやってみたいことは、景色のいいところ(私は田舎なのでいくらでもある)で自分でコーヒーでも注いで、後ろの荷台を開けてそこに腰かけてゆっくりとコーヒーでも飲みたいですね~。

ABOUT ME
アバター
斜人
180cm52kgから筋トレ開始。 なぜかボディビルに入会してしまう・・・。 数年後ベンチプレス100kg達成!! 筋トレ、食べ歩き、旅行、経年変化など多趣味です。 のんびりと書いていきます。 もしコメント等あればTwitterへどうぞ