独り言

子供のイヤイヤ気が始まることについて考えてみた

こんにちは!!

自分が親になってよ~く分かったことがあります。それは自分の親はすごいということ。子供は本当に心配が耐えないし、時期によっていろいろな悩みが親も絶えないと思います。

小さい時は周りの子と発達を比べてみたり、一人で行動できるようになると事故にあわないか心配したり、学生になればいじめや勉強等いろいろあります。私の子供は幸いに発達が早いようにあるので(今のところ)あまり心配はないのですが。それでも、生まれてから数か月は体重が増えずいつも標準下限線のギリギリをいっていたので、不安になったものです。

そんな私の子供も例外なくイヤイヤ気に入ってきました。

何をやっても、イヤ!違う!と激しく否定します。そんな激しいイヤイヤ期をどうすれば乗り切れるか?(私も現在進行形なので、乗り切ってはいないのですが)

考えてみたいと思います。

・イヤイヤ期

2歳近くになるとでてくるイヤイヤ期!何をしても嫌がり、首を縦に振ろうとはしません。時には泣き叫び、腹がたつこともあるでしょう!私の子供ももれなくイヤイヤ期に突入しました。ほんの些細なことでも自分が嫌なことは泣いてアピールしてきます!

先日は、朝ごはんのパンケーキを小さくちぎってあげようとしたところ、それが気に食わなかったらしく凄まじい大声で泣き出しました。私達にとってはほんの些細なことなのですが、子供は全力で泣きます。

いくら、なだめても泣き止むこともなくずっと泣き続けます。あやしたり、気を違う方に向けようと頑張っても泣き続けます!だんだんと、こっちも腹が立ってきます!怒鳴りたくなる時もあります!怒鳴ってしまって後悔した人もいるのではないでしょうか?

私個人としては怒鳴ってしまっても、自分を責めすぎる必要はないと思います。やっぱり親って完璧ではないし(私は特に)人間であるし、そりゃその時の気分で起こってしまうこともあります!

あぁ、ちょっと悪かったな!と、反省すればそれでいいと思います。私達が子供の頃は、よく怒られたり怒鳴られたりしていましたし、学校でもゲンコツが飛んでくる時代でした。(体罰はいけないことですが)

・イヤイヤ期をどう乗り切るのか…

まず、共有することだと思います。イヤイヤ期はこのブログを始めとして沢山の親がぶつかる問題で、ネットでもなんでも同じ悩みの人が沢山います。中には自分の子供よりも激しくて困っている人もいるでしょう!

自分の子供だけが特別なのではなく、周りも同じように四苦八苦しているのです。また、子供がイヤイヤ期になるということは成長の証でもあります。自我が出てきたということでしょう。

相談する人がいない状況でも、世界のどこかには同じような境遇の人がいてそれを書いている人がいます。その書いている人も今、苦しんでいて共感してほしいという気持ちから書いているのでしょう!!

・時間が解決してくれる

イヤイヤ期は本当にきつい時もありますが、時間が経てば必ず終わるものです(ほとんどの人が)。私達だってイヤイヤ期があったでしょうし、自分の親を困らせたと思います。

それが、今私達がイヤイヤ期を見る方になっているということだけです。いろいろ書いてきましたが私も、毎日あたふたしています。これもいつか終わると思えば乗り越えられると思います。「そ~いえば、あの時はこの子大変だったよなぁ~」と言う風に笑って話せる日がきっとくると思います。

今はとても忙しくて、そんな場合ではありません。時間のない時にいう事を聞かずになかなか用意が出来なかったり、夫婦でお互いイライラしてしまうこともあります。感情的になることも勿論あります。

・やっぱり子供はかわいい

イヤイヤ期があるといっても24時間ずっとイヤイヤ期な訳ではありませんよね?私に「パパ~」と、甘えてくる子供の顔は何ににも代えがたいです。何か新しいものを発見したときや遊びを覚えた時は、本当に純粋な目をして楽しんでいます。何に対しても真剣で純粋に遊ぶ姿をみてかわいいと思う反面、羨ましくも思ってしまいます(笑)。

子育てって大変で難しいけど、楽しいですね!

また、明日から頑張っていきましょう〜!

ABOUT ME
アバター
斜人
180cm52kgから筋トレ開始。 なぜかボディビルに入会してしまう・・・。 数年後ベンチプレス100kg達成!! 筋トレ、食べ歩き、旅行、経年変化など多趣味です。 のんびりと書いていきます。 もしコメント等あればTwitterへどうぞ