好きな物

【SONY”a6500”】のバッテリー問題を解消するアイテム!大容量バッテリー【3000mAh】を購入してみた。

こんにちは!!

今まではスマホで写真を撮っていたのですが、写真にちょっと興味が出てきて【SONY”a6500】を購入!!

概ね満足していたのですが、非常に気になったのが”バッテリー問題”・・・。

a6500の純正バッテリーの”NP-FW50”は1020㎃しかないこともあり、しかもカメラ側はミラーレス・・・。

相当にバッテリーの消耗が早い・・・。

本当に早い・・・。遊びにいって使っているとみるみるうちにバッテリーの使用残量が減ってきます。

予備として2つ買ったので1日はまぁ持ちますが、旅行の時などはちょっと不安になります。

バッテリーをもっと沢山もっておけばいいのですが、純正バッテリーってちょっと高いんですよね・・・。

互換バッテリーもあるみたいですが、ちょっと不安・・・。

一番困ったのは、カメラ本体を買った時にバッテリー充電器がついておらずカメラ本体にバッテリーを差し込んだままでないと充電出来ないこと・・・。

なので今まで、2つ同時にバッテリーを充電することが出来ませんでした。

そこで今回色々と調べてみたのですが、まずバッテリーチャージャーは絶対いるということ・・・。

純正の物もありますが、今回はネットで調べて評価の良い”SIXCTAVE”のこちらを購入・・・。

事前にバッテリータイプの互換性を書いているのでこちらを購入しました。

とっても安いです。

早速充電してみましたが、25%くらいから100%になるまで2時間~3時間くらいだったと思います(充電してそのままお昼寝したので正確ではありません(笑))

嬉しいのが左上の「CHARGE」のランプが充電中は赤色で充電が完了されると緑色になります。

まぁ当たり前のことかもしれませんが、とっても安かったのでこれも意外に嬉しかったです。

これでカメラから本体充電だけでなく、バッテリーを外したまま充電することが出来ますし、カメラを使っている間もこれで充電しバッテリーをストックすることも出来ます。

次に考えたのが、外でも充電できるようにしたいな・・・と。

そのためにはポータブルバッテリーは絶対いるなと思い調べてみると、私の感覚ではポータブルバッテリーというと10000mahくらいのものが最大だと思っていたのですが、今ではもっと大きいものも売られていました。

その中でも30000mahというものが安く売っていたので購入してみることに・・・。

表面が反射して見にくいですね・・・。(すいません)

最初に来た時に思ったのは、結構重たい・・・。

これは口コミでも書かれていたことですが、まぁまぁ重いです。

口コミによると500g超だそうな・・・。

まぁ30000mahもあるから多少重たいのは仕方がないと・・・。

これを持ち運んでカメラのバッテリー充電すれば、相当に充電できます。

理論値では29回充電(30000/1020=29.41)できることになりますが、この30000mahというのは最高の条件で測られた値だと思うので実際はそこまでないかもしれません。

また、充電時にロスも発生するでしょうから・・・。

しかし、超大容量なのでカメラのバッテリー意外にもスマホなどにも使えます。

私のスマホ自体は結構古いので、バッテリーの最大容量が減っておりバッテリーの減りの速さを感じていましたが、これがあれば外出時も困りません。

災害時などにも役に立つでしょう!!

しかし少し問題があるのが、大容量だけに充電にめっちゃ時間がかかる。

このバッテリーは容量の数字を表してくれるのはとってもいいと思います。

この容量の数字が無ければ、いつまでも充電出来ておらずに不良品だと思う人も多いでしょう!

レビューでは0%から100%にするまで計算で18時間かかるとレビューしている人もいました。

なので1日近く充電していなければいけないことになります。

しかし毎日このバッテリーを持ち歩くことはすくないと思うので、充電させといて旅行やカメラを撮りに行く時にのみ持ち出せば全く問題ないと思っています。

出力側も2つあるのでカメラとスマホの両方を一気に充電出来るのも嬉しいです。

一度、スマホを2台同時に充電してみたのですが、あまり容量は減らずに充電することが出来、さすがだなぁと感心しました。

カメラを購入してバッテリー問題で困っている人は是非購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ABOUT ME
アバター
斜人
180cm52kgから筋トレ開始。 なぜかボディビルに入会してしまう・・・。 数年後ベンチプレス100kg達成!! 筋トレ、食べ歩き、旅行、経年変化など多趣味です。 のんびりと書いていきます。 もしコメント等あればTwitterへどうぞ